学科・専攻

フードクリエイト学科

専攻一覧

クオリティの高い商品を作るスキルを身につけ、より専門的に学べ、
自分たちで直接お客様に届けるまでを実践する21世紀の職人を目指せます。

Vaならではの学び方

「学校」「現場」実店舗から学ぶ

実店舗から学ぶ

一般のお客様が来店する3つの実店舗で、
製造、販売、接客を体験。プロと働く学びの場が日常の中にあります。

ビジョナリーアーツ ならではの学びとは?動画で詳しく学科についてご紹介します。

日本トップレベルの実習時間

2年間での実習時間は1,800時間以上。

確かな技術を身につけ、商品開発からお店づくりまで実践的に学びます。

実習時間は2年間1800時間以上

平均的な学校の2.3倍の実習時間

実習時間は2年間
1800時間以上

平均的な学校の2.3倍の実習時間
ビジョナリーアーツ
1800時間
実習が多い学校
1400時間
平均的な学校
800時間

学科の考え方

習得した技術は裏切らない

2年間で習得するのは基礎から応用の流行商品まで約800レシピ。

夢を夢のままで終わらせない、確実なスキルが身につきます。

アイディアとセンスを磨く

Vaならではの授業「ショップリサーチ」では、
人気店に行き、その秘訣を分析。商品開発で重要なリサーチの考え方を学びます。商品を再現し作ることで、技術面でも引き出しを増やします。

商品の販売チャンスをつかむ

商品開発コンテスト・進級制作・部活動等々、
開発した商品を実店舗で販売、一般のお客様に届けるチャンスがあります。実践を通して商品企画力を身につけます。

将来を見据えてビジネスを学ぶ

毎日オープンしているお店ならではのリアルなデータを使ったビジネスの授業。将来自分のお店を持ちたい学生に最適な学びの環境があります。

フードクリエイト学科の実習室

お客様から学ぶ環境

時代に合わせた豊富な学び

クロエ・ドゥートレ・ルーセルさん

チョコレート鑑定家

国連や企業でのマーケティングの仕事で活躍後、チョコレートの世界に転身。フランスの高級菓子店「ラデュレ」やイギリスの総合高級デパートでのバイヤーを経て独立。現在はパリを拠点にチョコレート鑑定家として世界各国で活躍。本校では「Bean to Bar」というカカオ本来を味わうチョコレートの楽しみ方から、世界のチョコレートトレンドまで幅広く教えてくださいます。

マリア・フェルナンダ・ディ・
ジャコブさん

ベネズエラ カカオ大使

シェフ、アーティスト、ショコラティエとして活躍。ベネズエラのカラカスでイベントや音楽、写真、ファッション、演劇等のアートと食を融合したレストラン「LA Paninoteka」の創設者でもあり、ベネズエラを始め世界各国で多くのコーヒーショップやレストランを経営。クロエさんと共にBean to Barチョコレートのより深い知識やストーリーを教えてくださいます。

森 直史 さん

トラスパレンテオーナー

学芸大学と中目黒にある人気ベーカリーショップ、「トラスパレンテ」のオーナーシェフ。「フォーシーズンズホテル椿山荘」、「パリの朝市 東武池袋店」、「ラ・ルーナ・ロッサ」などの現場経験を活かしイタリアで4年半修業。帰国後自身のお店を開業。製パン実習では仕事に対する考え方、取り組み方など、貴重な話を聞くことができます。

猿舘 英明 さん

「Ma Priere」オーナーパティシエ

東京・世田谷「アルパジョン」「ヴォアラ」にて5年間勤務。新宿「ラ・ヴィ・ドゥース」のオープニングスタッフとして入社後、渡仏。パリのパティスリーで経験を積み、2006年に「Ma Priere」を開店されました。お菓子は同じ素材を使っても、つくる人によって、全く違う味になります。幸せな気持ちになれるお菓子づくりをモットーに、素材選びや組み合わせの微妙なバランスなど、知れば知るほど奥深いパティシエの魅力を話していただいています。

ジョン・マルクさん

E.B.P.校 製菓講師

ビジョナリーアーツのパートナー校であるエコール・ドゥ・ブロンジュリー・エ・ドゥ・パティスリー(E.B.P.校)のインターナショナル部門の主任。国際性豊かなプロを目指すビジョナリーアーツの交換授業にて、本場の技術やパリの製菓(フード)業界についての知識を直接伝授してもらいます。また、パリの海外研修時の講師でもあります。

柴 佳範さん

OBSCURA COFFEE ROASTERS
焙煎家

2009年にOBSCURA COFFEE ROASTERSを設立し、生豆の買付から焙煎・抽出などコーヒーにまつわる全ての品質コントロールを日々行っています。また、多くのコーヒーショップのプロデュースを手掛けており、開業や運営にまつわる幅広い知見を踏まえてお教えいただいています。

オンライン授業の充実

教材のひとつとしてタブレット端末を導入。学生1人につき1台支給されます。

専門的な内容も、動画でわかりやすく学べるため、個々のペースで何度でも予習・復習が可能。

来校ができない時でも学びを止めることなく、安心して授業を受けることができます。

オンラインの授業は、講師とクラスメイトみんなでビデオ通話を繋ぐこともあれば、個人的に専任講師と繋ぎ、進路相談することもできます。

さまざまなコミュニケーション方法で効率よく学べる環境を整え、個々のサポートを徹底しています。

進級制作

1年次から2年次に進級する際、「商品開発」を軸に専攻ごとに課題が与えられます。学生たち自身で、ターゲット分析・参考商品リサーチ・商品コンセプト考案・レシピ作成・販売金額・原価の設定などを行い、オリジナル商品を作りプレゼン。1年間の集大成を見せる場であり、毎年熱のこもった商品が生み出される「進級制作」は、フードクリエイト学科の学びが詰まっています。

各グループごとに商品を作り、パティシエ、ショコラティエ、バリスタやシェフなど現役のプロの方々が審査。力を込めて作ったものをプロから評価されることは緊張感があり、同時にとても貴重な学び。最後に完成度の高いものは表彰され、学生たちの達成感と喜びもいっそう大きくなります。

就職について

現場同様の経験を実践の中で学べるカリキュラム内容と、入学後1年次より徹底した個別サポートシステムにより、希望の進路へ向けて細やかなキャリアサポートを行なっております。

  • 製菓店

    44%

  • 製パン

    14%

  • カフェ
    レストラン

    34%

  • ホテル

    1%

  • フード関連

    4%

  • フード業界外

    3%

卒業生が活躍するお店

有名パティスリー、コーヒーショップ、レストランなど卒業生が活躍するお店を紹介。

2018年卒業:パティシエ 向山萌
彼女がパティシエを目指した原点とは?卒業後に働き始めて、「今」想う、過去と未来のこと。

学費について

初年度納入金合計

¥1,390,000

内訳
入学金 ¥ 100,000
前期授業料 ¥ 450,000
施設費 ¥ 250,000
実習費 ¥ 140,000
後期授業料 ¥ 450,000

上記と合わせて、教科書代、教材費、ユニフォーム代、行事費、健康診断、学生傷害保険などの諸費用が、¥200,000〜270,000程度かかります。
(年度により、また学科・専攻によって異なります。入学確定者に対し、入学前の2月中旬頃別途お知らせいたします)

入試方法・スケジュール

2023年 4月入学スケジュールになります。

AO推薦入学

エントリーシート配布

4月〜9月

エントリー受付

6月1日〜9月30日

AO推薦入学・AO特待生
どちらも上記日程です

出願受付

9月1日〜10月31日

AO特待生

エントリーシート配布

4月〜9月

エントリー受付

6月1日〜9月30日

出願受付

9月1日〜9月30日

試験

10月15日・16日

推薦入学(学校推薦・自己推薦)

出願受付

10月1日〜

定員になり次第締切

一般入学

出願受付

9月1日〜

高等学校卒業以上
外国人留学生

出願受付

11月1日〜

高等学校卒業見込みの方

定員になり次第締切

オープンキャンパス

つくる喜びを感じてください

フードクリエイト学科の授業内容をオープンキャンパスで体験していただけます。

入学に関する相談や、不安ごとなども直接スタッフとお話しいただける機会です。

LINEでいち早く学校の情報をゲット!

公式LINEアカウントでは、ビジョナリーアーツの最新情報や、イベント情報をお届けしています