ビジョナリーアーツ

ビジョナリーアーツ

  1. ホーム
  2. Va Life Style
  3. 6月オープン!動物たちが暮らす「Animal Village」

Va Life Style

6月オープン!動物たちが暮らす「Animal Village」

自分で考え、実践する場所

まもなく、ビジョナリーアーツ東京校6Fに動物たちの暮らす『Animal Village(アニマルビレッジ)』がオープンします!アニマルビレッジではオウムやインコが飛んでいたり、うさぎやチンチラが床を走っていたり。限りなく自然に近い環境で生活する多種多様なエキゾチックアニマルたちを飼育し、学生たちは動物本来の生態を学んでいきます。

 

いま学校では、これから出来る施設で暮らしていく動物たちを、学生たちが力を合わせてお世話しています。今までワンコやニャンコしかお世話をしていなかった学生たちは四苦八苦。新しい動物たちに苦戦しながらも“自分で考え、実践する。失敗しても、改良する”そんな力をどんどん身に付けています。

 

 

1日でも会わない日は心配!

「動物たちが日に日に大きくなっていって、その姿を見るのがすごく楽しい!」そう話してくれたのは2年ドッグトレーナー専攻の土居杏奈さん。毎朝早くからお世話に来ている土居さん。「犬や猫よりも体調が悪くなったことがわかりづらいところが難しいです…。体調の変化に気付きにくいので1日でも会わない日は心配!」と今までお世話をしてきた動物との違いも実感。

 

「毎日会っているから犬と同じぐらい愛着が湧いてきました。今は自分たちでいろんな道具や設備を作っていくことが楽しい!フェレットやデグーの部屋は逃げないようにすることはもちろん、子供達や背の低い方でもちゃんと動物が見られるように、高さを工夫しています」動物たちが暮らしやすいことはもちろん、動物たちを見に来てくれる人のためを考えた設備を作ることを心がけているそう。

 

エキゾチックアニマルが入学してきたときに募集した飼育チームは、希望者が殺到し、80人を超える大所帯に!みんなで協力しながら動物たちのお世話をすることはもちろん、技ができるようにトレーニングも頑張っています!

渋谷という都会にこんな環境があるのはビジョナリーアーツだけ。こんな特別な空間で自由に暮らす動物たち。見るだけでもワクワクする!そんな施設がアニマルビレッジです。完成は6月中旬!乞うご期待!