ビジョナリーアーツ

ビジョナリーアーツ

  1. ホーム
  2. Va Life Style
  3. ドリンクの魅力!

Va Life Style

Visionary Artsだからできる学生生活

2年間のVaライフ、それは毎日の授業だけではありません。 実践型の授業や企業とのコラボレーション、ボランティア活動など、 このコンテンツでは2年間で体験する、さまざまなシーンを取り上げていきます。

ドリンクの魅力!

好きなことを極める楽しさ

フードクリエイト学科のカリキュラムは、どの専攻もフードやドリンクについて幅広く学びます。
カフェ専攻や製菓カフェ専攻では、コーヒーからマシンを使ったラテ、カクテルや紅茶まで。ドリンクについての授業も豊富です。

そんな中でも、マシンを使ったラテにのめり込んでいるのは2年製菓カフェ専攻の吉埜愛芽(よしのまなか)さん。「最初はおしゃれなアートだけできればいいやっていう気持ちだったんですが、作っていく内にどんどんのめり込んで、マシンの調整をして味にこだわるようになっていきました!」
学校にはそれぞれ種類の違うマシンがあり、授業でも扱っています。授業外でも吉埜さんは、空いている時間を使ったり休みの日に学校に来て自主練習を行っています。「同じコーヒー豆でも、機械の種類や調整、タンピング、温度、そしていれるスピード次第で味が変わるのが本当に面白いんです!人生で飽きずにこんなに続いたのは初めて!」キラキラとした笑顔でこう話してくれました。

一緒に高め合える存在

実はもともとコーヒーが飲めなかったという吉埜さん。学校の授業でスペシャリティコーヒーを飲んだときに、飲みやすくて初めてコーヒーを美味しいと感じたそうです。今ではすっかりラテにはまっています!「1杯いれるのにかかる時間はたったの2~3分くらい。この短い時間の中で、美味さが決まるのが面白いんです!」そんな吉埜さんは、今では1年生や他専攻の学生に教えることも。「教えるのはもともと好きなので、後輩に教えたりするのはすごく楽しいです!」そう話してくれました。

吉埜さんのまわりには、同じようにドリンク好きな学生たちが集まっていました。「一緒につくる友達やライバルがいなかったら、今のようにこんなに続けてはいなかったと思います。」と改めて話してくれました。
学生生活では、授業やイベントなど様々なことがありますが、一緒に高めあえる存在がいることはすごく大切。2年間と短いですが、毎日一緒に過ごしてきた仲間は卒業してもきっと支えてくれるはず。『将来は自分のお店をもちたい。』こんな素敵な夢をもっている吉埜さん。夢にむかって頑張っている吉埜さんから目が離せません!